ネズミ駆除とイタチ駆除の後は対策を実行

害獣被害が発生した場合は駆除業者に相談を行ないましょう 害獣被害が発生した場合は駆除業者に相談を行ないましょう

ネズミ駆除・イタチ駆除が終わったら再発しないように対策

男性

駆除業者にネズミ駆除やイタチ駆除を実施してもらった後はきちんと再発対策を行ない、害獣被害が再発しないように対応しなければなりません。きちんと対策を実施しておけば、住宅内に野生動物が住み着くことはなくなります。

ネズミ駆除が終わった後にするべきこと

エサを与えないようにする
ネズミはペットフードや生け花なども食べるほど食欲が旺盛なため、食品は必ず容器や戸棚などにしまっておくようにしましょう。またゴミは蓋のついたゴミ箱などに入れ、ネズミがあさらないように対処する必要があります。
住処になるような環境を作らない
ネズミが巣を作る際の素材となるティッシュペーパーや衣類は、戸棚などにしまっておくことでネズミの被害を防ぐことが可能です。また押入れの中にある布団や衣類なども巣の素材として使われてしまうので注意しましょう。
通路を塞いでおく
ネズミを駆除した後は侵入経路となっている通気口や排水溝に金網を設置し、ネズミが侵入しないようにします。壁にある隙間や穴はしっかり塞いでおきましょう。場合によっては開けたままのドアからネズミが侵入することもあります。

イタチ駆除後は何をする

イタチ被害が多く発生している現在では、ホームセンターなどの店舗でイタチ用の忌避剤が販売されるようになってきました。これらをイタチの侵入口となる場所に設置しておけば、イタチが嫌がって住宅に侵入しなくなります。忌避剤は固形タイプのものが最も効果が高く、スプレータイプは風などが原因で効果が現れにくいことが多いです。 天井裏にイタチやネズミが住み着くのを防ぐには、定期的な清掃を行ないながら対策を実施することがとても重要です。

TOPボタン