業者にネズミ駆除とイタチ駆除を依頼する

害獣被害が発生した場合は駆除業者に相談を行ないましょう 害獣被害が発生した場合は駆除業者に相談を行ないましょう

天井裏から物音から物音がする場合の対処

屋根裏

住宅の天井から物音がした場合、もしかすると屋根裏などの場所にネズミやイタチが住み着いているかもしれません。こうしたトラブルが発生した場合は業者の方に依頼を行ない、ネズミ駆除やイタチ駆除を実施してもらう必要があります。そのまま放置すると、様々な被害が発生するでしょう。

物音で正体を見極める

天井や屋根裏から音が発生する場合は、音の発生する場所や音が発生している時間帯を詳しく調べておきましょう。また発生する音にはいくつかのパターンがあり、音の種類によって生き物が歩いている場所をある程度予測することができます。カサカサとした音は断熱材の上を、トタトタとした音は天井裏を何かが歩いている音です。

なんで天井裏に住み着くの

野生の動物はなぜ人間の住む天井裏などに住み着くんですか?
ネズミやイタチといった野生動物は住処を探す際、餌を確保しやすい場所や安全に子育てが行なえる場所を選ぶことが多いです。住宅の天井裏はこうした要素を全て満たしているため、野生動物が住み着くのに最適な場所といえます。そのため、住宅で日常生活を行なう際は野生動物の侵入に注意し、騒音被害が発生しないようにしましょう。

イタチ駆除とネズミ駆除の基本

業者の実施するイタチ駆除とネズミ駆除は、住宅に住み着いたイタチやネズミを住宅の外へと追い出すことができます。

ネズミとイタチの習性

ネズミは夜行性であり人が寝ている間に食べ物を食べるため、住宅に住み着くと夜に騒音被害を発生させる可能性が高いです。ネズミの前歯は一生伸び続けるため、硬いものをかじって歯を減らす必要があります。また、繁殖力が高くて一度に複数のネズミを出産するため、長期間住み着くと被害が悪化してしまう可能性が高いです。住宅の周辺でネズミを見かけた際は注意しましょう。イタチは沖縄以外の地域全体に生息しており、外来種のチョウセンイタチと在来種のニホンイタチに分類されます。住宅に住み着いてさまざまな被害を発生させますが、原因はチョウセンイタチであることが多いです。夜行性で主にネズミなどを食べますが、ニワトリやウサギといった生物も捕食することがあります。

勝手にイタチ駆除は禁じられている

狩猟鳥獣といった法律が定められています(専門家)

日本には鳥獣保護法と呼ばれる法律が存在しており、自然界に存在する生物の捕獲や処理を厳しく制限しています。そのため、個人でイタチなどの生物を捕獲したり駆除したりすることはできません。そのため、住宅にイタチが住み着いてしまった場合は、市区町村などがきちんと許可を受けている駆除業者に駆除や捕獲を依頼するのが適切です。

ネズミ駆除は対象から外れている

クマネズミやドブネズミといったネズミ類は住宅や店舗などに大きな被害を与える可能性が高いため、鳥獣保護法の対象外となっています。そのため住宅でネズミによる被害が発生した場合は、個人で捕獲や駆除などを行なうことが可能です。

駆除をしたいのなら業者へ

イタチやネズミなどの野生動物はさまざまな細菌や病原菌を持っているため、個人で捕獲や駆除などを試みると健康被害を発生させる恐れがあります。住宅にも悪影響が生じるので、こうした作業は専門業者に任せるのがベストです。再発防止のための対策も講じやすくなるでしょう。

TOPボタン